瀬戸歯科|瀬戸市の矯正歯科・小児歯科・インプラント

ヘッダー画像

医療コラム

瀬戸歯科|瀬戸市の矯正歯科・小児歯科・インプラント

診療時間:月火木金曜は9時30分~13時・15時~19時、土曜は9時30分~13時、14時~17時30分まで、休診日:水日祝

ブリッジ?入れ歯?インプラント?

こんにちは✨

瀬戸市の瀬戸歯科です🦷✨

 

歯を失った場合の治療法には下記の種類があります。

1ブリッジ

2入れ歯

3インプラント

それぞれメリットデメリットがあります。

患者様のご要望に合わせた治療法をご提案します。

本日は前回お話しした歯を失った後の治療法のメリットデメリットについてお話いたします。

 

■ブリッジ

🙆メリット

✔︎治療期間が短い

✔︎入れ歯と比較すると違和感が少ない

✔︎保険適用と自由診療があるため患者様のご希望に応じて材質を選ぶことができる

✔︎保険適用の場合、インプラントよりも安価で治療が可能

 

🙅デメリット

✔︎健全歯を削る場合がある

ブリッジは失った歯の両隣の歯を削って橋を作るようになくなった歯を補うため両隣の歯が虫歯でなくても削らなくてはいけない場合がある

✔︎失った歯の負担が両隣の歯にかかるため両隣の歯の寿命も短くなる

✔︎被せ物の種類によって寿命が異なるため一生もつものではない

✔︎保険適用の場合は金属のみとなるため目立つ

 

入れ歯

🙆メリット

✔︎ブリッジでは対応できないような多数歯を失った場合でも対応可能

✔︎歯を多く削る必要はない

✔︎保険適用があるため比較的安価で治が可能

✔︎インプラントに比べて治療期間が短い

✔︎取り外しが可能なため衛生的

 

🙅デメリット

✔︎違和感が大きい

✔︎何度も作り直しが必要になる

✔︎入れ歯を固定する歯、顎堤と呼ばれる粘膜の歯茎の部分に負担がいく

✔︎保険適用の場合、入れ歯をお口の中に固定する金具の留め具が金属のため目立つ

✔︎慣れるまで発音に支障がでたりする

✔︎かむ力が弱くなるため今まで噛めていたものが噛みにくくなる

 

インプラント

🙆メリット

✔︎本来の自分の歯と同じように噛むことができる

✔︎両隣の歯や残っている歯を削る必要がない、また負担をかけることもない

✔︎食べ物を噛んだ時の違和感も全くない

✔︎メンテナンスをしっかり行うことで半永久的に使うことができる

 

🙅デメリット

✔︎自由診療のためブリッジや入れ歯の自由診療のものに比べて費用が高い

✔︎ブリッジや入れ歯の治療と比較した時に治療期間が長くなる

✔︎骨が少ない場合、インプラントの前に追加で処置が必要になることがある

 

上記のようにブリッジ、入れ歯、インプラントにはそれぞれメリットデメリットがあります。

ブリッジ、入れ歯に関しては保険診療と自由診療があります。

インプラントは保険適用外となります。

 

当院では歯を失った方の治療について患者様のご要望に合わせた治療をご提案いたします。

また入れ歯治療したけどしっくりこなくて作り直したいな、相談したいなという方のご相談も毎日受け付けております。

お気軽にご連絡ください。ご来院お待ちしております。