瀬戸歯科|瀬戸市の矯正歯科・小児歯科・インプラント

ヘッダー画像

医療コラム

瀬戸歯科|瀬戸市の矯正歯科・小児歯科・インプラント

診療時間:月火木金曜は9時30分~13時・15時~19時、土曜は9時30分~13時、14時~17時30分まで、休診日:水日祝

乳歯が抜けるタイミングとグラグラした時の対処法

こんにちは✨

瀬戸市の瀬戸歯科です🦷✨
子供の成長過程で、乳歯が抜けて永久歯に生え変わるのは重要な節目です。
この自然な過程は、多くの親が注目する出来事の一つ。
しかし、「乳歯を抜く適切なタイミング」や「抜く際に手助けが必要なのかどうか」などの疑問が生じることもあります。

乳歯の役割と抜けるプロセス
乳歯は、永久歯が適切な位置に生えるためのスペースを確保し、正しい咬合と発音を助ける重要な役割を果たします。
通常、乳歯は6歳頃から徐々に抜け始め、12歳頃にはほとんどの子供が永久歯に生え変わります。

乳歯が抜けるサインと症状
乳歯が抜け始める兆候として、歯が揺れるのが一般的なサインです。
子供は軽い違和感を感じることがありますが、通常は痛みは伴いません。
この時期、子供は自然に歯を触ったり、歯を動かしたりすることが多くなります。

乳歯が遅れて抜ける場合
乳歯が通常より遅れて抜けることもあります。
これが遺伝的な要因や口腔内の特定の健康問題に起因する場合があります。
乳歯が12歳を過ぎても抜けない場合は、歯科医師に相談することをお勧めします。

乳歯を無理に抜くべきではない理由
乳歯を無理に抜くことは推奨されません。
自然に任せることが、最も健康的で安全な方法です。
無理に抜くと、歯茎を傷つけたり、永久歯の生えるタイミングに影響を与えたりするリスクがあります。

永久歯の生える準備
永久歯が生えるにあたり、適切な口腔衛生習慣の維持が重要です。
定期的な歯磨き、フロス使用、バランスの取れた食事は、永久歯の健康な成長をサポートします。

親ができるサポート
子供の歯の健康をサポートするために、正しい歯磨き方法の教育、定期的な歯科検診への連れて行き、そして何よりも子供の疑問や不安の解消に努めましょう。

まとめ
乳歯が抜けるタイミングは個人差があり、ほとんどの場合は自然に任せるのが最善です。
親として、子供の口腔衛生習慣をサポートし、必要に応じて専門家の意見を求めることで、子供の健やかな歯の成長を手助けできます。

瀬戸歯科では「歯医者は怖いところではなく、楽しいところだ」とお子様に感じていただけるような工夫をしております。
また、女性の院長をはじめ、スタッフ一同が丁寧で優しいお子様目線のコミュニケーションを心がけています。
どんな小さなお悩みでも安心してお気軽にご相談ください。
小児歯科の治療内容については、こちらをご確認ください。

小児矯正の無料相談もおこなっております。
料金や瀬戸歯科の治療方針など、患者様の1人1人のご状況に合わせて丁寧に説明いたします。
こちらのページからご予約の上、お気軽にご相談ください。
予約のアイコンWEB予約
治療の内容については、矯正歯科・インビザラインのページで詳しくご説明させていただいておりますので、ご確認ください。

▼初めての方に向けて当院の治療の流れをご説明しております✨
初めての方へ

▼診療時間や医院の様子はこちらでご紹介しております✨
医院案内